相談に際しての注意点

無料相談サービスを積極的に実施する弁護士事務所も全国各地に数多く見られるところから、弁護士イコール無料で問題解決に力添えしてくれる、ボランティア的な法律の専門家と捉える向きが否めません。ですがプロフェッショナルとして広く深い専門知識を駆使する以上、仕事の依頼に際しては相応の費用負担が当然求められます。無料相談はあくまで「相談」であり、無料解決とは違います。こうした限られた時間内での相談に際しては、正式に債権回収などの対応を依頼するに際して発生する諸費用、すなわち依頼者が負担すべき金額に関する説明が届けられます。勿論最終的に依頼するか否かの決定権は相談者に一任されていますが、無料解決と誤解釈して足を運ばれた方々にとっては「話が違う」となってしまう展開もゼロとは言えません。

 

具体的な請求明細や料金設定は各弁護士毎に異なりますが、まずは正式依頼時点で所定の着手金が発生するのが一般的です。これはあくまで「正式に引き受ける契約締結に際して発生する費用」であり、結果的に債権回収が叶う、あるいは叶わないとは関係しない費用です。その金額は依頼内容に対して一律であり、決して少額ではないケースが数多く、依頼者としては出来る限り抑えておきたいポイントに他なりません。こうした依頼者側の立場を考慮から、着手金無料を謳う弁護士事務所が注目を集めており、相談先選択に際してぜひチェックされる事をお薦めします。

Pocket

Written by 運営者 in 未分類

Next Post

着手金無料のメリット

無料相談サービスを積極的に実施する弁護士事務所も全国各地に数多く見られるところから、弁護士イコール無料で問題解決に力添えしてくれる、ボランティア的な法律の専門家と捉える向きが否めません。ですがプロフェ […]

Continue Reading