着手金無料のメリット

弁護士に何らかの問題解決を正式依頼した時点で発生する着手金は、最終的に希望通りの決着が叶う叶わないに関わらず、1番最初に支払うべき費用であり、いわば「よろしくお願いします料金」と捉えられます。ちなみに債権回収を依頼する場合、状況次第では最終的な結論に至るまで、中長期的な時間を要してしまう展開も少なくありません。この期間中弁護士側が負担する、通信費や郵送対応に要した実費なども、明細を添えて依頼者側に請求されるのが一般的であり、時間の経過と共にこの金額も累計加算され続けます。更には債権回収が叶った際の成功報酬、すなわち回収金額に対して弁護士側が定めた報酬分が差し引かれ、最終的に手元に届く債権回収額は、全額回収出来たとしても満額には及びません。

 

こうした着手金以降に発生する費用負担額は流動的であり、相談時の状況に基づき算出した想定金額と比較して、時ににもより大きく膨れ上がってしまうリスクが否めません。結果的に持ち出し状態となってしまう懸念から途中で依頼をキャンセルすれば、それに対するキャンセル料が発生する料金体系を採用している弁護士も見られ、費用面に対してはあらゆる角度からの事前検証が不可欠です。債権回収なる債務者の状況が結果を大きく左右する依頼内容の場合、着手金無料すなわち初期負担額を最小限に抑えるメリットが見過ごせぬ理由が、ここに明確に存在しています。

 

Pocket

0

相談に際しての注意点

無料相談サービスを積極的に実施する弁護士事務所も全国各地に数多く見られるところから、弁護士イコール無料で問題解決に力添えしてくれる、ボランティア的な法律の専門家と捉える向きが否めません。ですがプロフェッショナルとして広く深い専門知識を駆使する以上、仕事の依頼に際しては相応の費用負担が当然求められます。無料相談はあくまで「相談」であり、無料解決とは違います。こうした限られた時間内での相談に際しては、正式に債権回収などの対応を依頼するに際して発生する諸費用、すなわち依頼者が負担すべき金額に関する説明が届けられます。勿論最終的に依頼するか否かの決定権は相談者に一任されていますが、無料解決と誤解釈して足を運ばれた方々にとっては「話が違う」となってしまう展開もゼロとは言えません。

 

具体的な請求明細や料金設定は各弁護士毎に異なりますが、まずは正式依頼時点で所定の着手金が発生するのが一般的です。これはあくまで「正式に引き受ける契約締結に際して発生する費用」であり、結果的に債権回収が叶う、あるいは叶わないとは関係しない費用です。その金額は依頼内容に対して一律であり、決して少額ではないケースが数多く、依頼者としては出来る限り抑えておきたいポイントに他なりません。こうした依頼者側の立場を考慮から、着手金無料を謳う弁護士事務所が注目を集めており、相談先選択に際してぜひチェックされる事をお薦めします。

Pocket

0

弁護士依頼のメリット

債権回収で豊富な実績を誇る弁護士事務所は全国各地に点在しており、未回収事例が数え切れない経済社会の現状を伝えていると捉えられます。予期せぬ取引先の倒産、あるいは未払からの音信不通、開き直りとも受け取れる再三の督促無視など、当事者間では最早解決の糸口が見当たらず、結果法的対応を視野に入れて弁護士に相談される方々が、今この瞬間も新たに生じてしまっているのが現状です。

 

弁護士に依頼するメリットとして、多くの方々が挙げられるのはやはり、豊富な法律関連の知識を駆使から、確実に債権回収を叶えるプロフェッショナルな仕事振りかと思われます。ですが以外にもその前段階として「弁護士」の三文字が債務者側に与えるインパクトが見過ごせません。たとえばそれまで再三再四の督促を完全に無視していた債務者が、弁護士事務所名が印刷された郵送物1通が届いた途端、大慌てで対応した事例は数知れません。私達の潜在意識の中の弁護士という存在は、自らに非を自覚している際には何より「怖い」存在と映るらしく、実際に大掛かりな債権回収作業を依頼する前の段階で、一気に解決あるいは糸口が見出だせてしまう可能性も十分という、非常に興味深い事例です。

Pocket

0

債権回収の重要性

請求書を用いての信用取引に於ける毎回の請求金額に関しては、特に最低金額あるいは上限の規定は法的に存在せず、あくまで取引する両者間の信頼関係に基づく合意の上に成立しています。これが企業の大規模なプロジェクトに関わる、あるいは販売される商品や提供されるサービスに対する対価などが高額あるいは大きくなる場合、その金額も当然比例して高額となり、万一期日までに未回収という事態に陥れば、事業体として大ダメージを被るリスクが避けられません。ですが今日の経済社会はこの「売掛」「信用取引」が主流を占める環境下で構築されています。

 

支払義務が履行されない場合、請求した側は当然回収の必要に迫られ、何らかの手段を用いての督促から、確実に回収しなければなりません。この時点で未払を生じさせている側は債務を、請求する側は債権を有した状況です。通常の督促を重ねても一向に対応が見られない場合、時間の経過は債権者の金銭面すなわち経営状況にも悪影響が否めず、法的措置を含めた強硬な督促手段を講じる選択肢を視野に入れねばなりません。

 

こうした状況下での相談相手として弁護士の存在が見過ごせませんが、いざ依頼するとなれば、所定の費用負担が避けられずして当然です。時に弁護士費用と未回収金額とのバランスから、結果的に手元に本来残るべき現金が確保出来ない展開も想定され、依頼者側としては少しでも初期費用を抑えたいのが偽らざる本音です。ここでは以下、弁護士に債権回収を依頼するに際して大きなポイントとなる、弁護士選択時の着眼点と「着手金無料」なるメリットの活用に関し、ぜひ踏まえておいていただきたい基礎知識をお届けします。

Pocket

0